冷凍からあげの栄養と原材料・食品添加物

冷凍からあげの栄養と原材料・食品添加物

若鶏ももからあげの栄養成分と原材料・食品添加物

冷凍食品の売れ筋の一つが、「若鶏の唐揚げ」だ。

 

「若鶏」という商品名が付いていると、若鶏に価値があるみたいだけれど、特に何か意味があるわけではない。

 

というのも大量生産されている鶏、「ブロイラー」は、みんな若鶏だからだ。

 

鶏肉を安く大量生産するため、生まれてから7週間後に、体重が2キロ弱まで成長すると、そこで出荷して肉にしてしまう。

 

大人になると3キロ以上になるのだけれど、えさ代がもったいないので、若鶏の時点で肉にしてしまうのだ。

 

なので若鶏と書いてあれば、ブロイラーだなと思えば良い。

 

若鶏ももからあげの原材料・食品添加物の例(NH社)
100gあたり
エネルギー/カロリー251kcal
タンパク質(g)13.0g
脂質(g)15.3g
炭水化物(g)15.3g
ナトリウム739mg
(食塩換算 g)1.9g
カリウム(mg)
リン(mg)
原材料・食品添加物鶏肉、小麦粉、でん粉、しょう油、植物油、液全卵、液卵白、食塩、醸造酒、みりん、還元水あめ、香辛料、砂糖、コーンフラワー、にんにく、ぶどう糖、デキストリン、米粉、ねぎ、脱脂粉乳、植物性たん白、卵白末、全卵末、イースト、大豆粉、揚げ油(植物油)、加工デンプン、乳酸Na、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、ベーキングパウダー、増粘剤(グァーガム)、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素
アレルギー成分表示乳、小麦、大豆、鶏肉
★原材料や食品添加物についての解説はこちらのページ。

 

食品添加物の例・目的別一覧謎の原材料・添加物を調べてみた


スポンサードリンク

唐揚げは、調味料や添加物が、メーカーによってかなり違う

唐揚げの原材料や食品添加物を比べてみると、かなり違うのが分かる。

 

鶏肉のモモ肉は脂があって味があるが、むね肉やササミなどは脂がないので、味を美味く乗せるのに苦労しているようだ。

 

それにしても、こんなに違うのか。

 

やわらか若鶏の唐揚げの原材料・食品添加物の例(A社)
100gあたり
エネルギー/カロリー212kcal
タンパク質(g)15g
脂質(g)12g
炭水化物(g)11g
ナトリウム520mg
(食塩換算 g)1.3g
カリウム(mg)260mg
リン(mg)160mg
原材料・食品添加物鶏肉、でん粉、しょうゆ、植物油脂、食塩、香辛料、砂糖、衣(米粉、醸造酢、香辛料、粉末しょうゆ、食塩)、揚げ油(大豆油、パーム油)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、重曹、(その他 小麦由来原材料を含む)
アレルギー成分表示乳、小麦、大豆、鶏肉
国産若鶏のもろこし焼の原材料・食品添加物の例(T社/お弁当用)
1個(22g)当たり
エネルギー/カロリー35kcal
タンパク質(g)2.2g
脂質(g)1.4g
炭水化物(g)3.5g
ナトリウム106mg
(食塩換算 g)0.3g
カリウム(mg)
リン(mg)
原材料・食品添加物野菜(とうもろこし、たまねぎ)、鶏肉、パン粉、植物油脂、しょうゆ、粒状植物性たん白、小麦粉、砂糖、食塩、粉末しょうゆ、酵母エキス、でん粉、香辛料、pH調整剤、加工デンプン、重曹、着色料(カラメル、カロチノイド)、膨張剤、乳化剤、香料、(原材料の一部に乳成分を含む)
アレルギー成分表示乳、小麦、大豆、鶏肉
★原材料や食品添加物についての解説はこちらのページ。

 

食品添加物の例・目的別一覧謎の原材料・添加物を調べてみた

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加