スーパーマーケット用語でスーパーを語ろう

スーパーマーケット用語でスーパーを語ろう

スーパーマーケット用語でスーパーを語ろう記事一覧

スーパーマーケットの定義って何?

スーパーマーケットと言っても、いろんなスーパーがある。なのでどういう業態がスーパーなのか、いろんな用語があるので、最初に色々調べておこう。まず、スーパーマーケットというと、和製英語みたいだが、歴とした英語だ。英語版のウィキペディアから引用してみると、A supermarket, a large fo...

スーパーマーケットの定義って何?

 

スーパー用語 日配・デイリー食品とは

スーパーにはいろんな部門がある。なのでスーパーで働いていると、耳慣れない用語がいっぱいある。たとえば「ニッパイ」。ニッパイとは「日配」と書くが、デイリー食品のことだ。デイリー食品と言っても、さらに分からないだろうが、簡単に言うと「毎日配達される商品」だ。具体的には、牛乳とかヨーグルト、ハムとかソーセ...

スーパー用語 日配・デイリー食品とは

 

スーパー用語 定番、エンド、ゴンドラ

スーパーで働いていると、普段聴いたことがないスーパー用語が飛び交う。たとえば「エンド」。エンドというのは、商品棚の端にある向きが90度変わっている陳列棚のことだ。たとえばラグビーやアメフトのコートで、ゴールポストがある部分を、「エンド・ゾーン」と言うが、ああいう位置だ。エンドの棚では、季節商品や、オ...

スーパー用語 定番、エンド、ゴンドラ

 

チェッカーとキャッシュレジスタの歴史

スーパーでチェッカーと言えば、レジ係のことだ。レジでカゴに入った商品のバーコードをスキャンして、お金を受け取り、釣銭を渡す。これがチェッカーの仕事だ。今時は、高校を卒業した人なら、誰でもできるような「簡単な仕事」で、愛想が重要な感じになってきている。しかし数十年前は、バーコードもなく、レジも手打ちで...

チェッカーとキャッシュレジスタの歴史

 

チェッカーコンテスト 簡潔で丁寧な応対

「チェッカーコンテスト」とは、スーパーのレジ係が技能を競う大会だ。最大手のスーパーマーケットチェーンなら、社内でに行われるようなコンテストだが、中小のスーパーの代表が全国から集まって、盛大に行っているチェッカーコンテストもある。私もレジ会社に勤めていた頃、あるスーパーマーケット協会主催の、チェッカー...

チェッカーコンテスト 簡潔で丁寧な応対

 

FSPは単なるポイントサービスじゃない

FSP(エフ・エス・ピー)とは、スーパーや百貨店、ドラッグストアなどの小売店がカードを使って行っている、顧客プログラムのことだ。Frequent Shoppers Programの略で、大雑把に言うと、「お得意様に対するプログラム」だ。購入金額や利用回数に応じて、景品や金券などを提供することで、顧客...

FSPは単なるポイントサービスじゃない

 

ABC分析と、二八の法則・パレトーの法則

スーパーの品揃えなどに使われる分析方法には、ABC分析とRFM分析がある。ABC分析というのは、商品管理でよく使われる分析法で、どれくらい在庫を持つべきかを決めるときに利用する方法だ。ABC分析では、商品の売り上げ金額を商品ごとに多い順番に並べて、3つのランクに分ける。たとえば売り上げ金額の上位10...

ABC分析と、二八の法則・パレトーの法則