スーパーに並ぶ品々の話

スーパーに並ぶ品々の話

スーパーに並ぶ品々の話記事一覧

ナショナルブランド、プライベートブランド

スーパーに並んでいる商品には、ナショナルブランド(NB)と、プライベートブランド(PB)がある。ナショナルブランドというのは、たとえば「日清食品のカップヌードル」だとか「ハウス食品のバーモントカレー」だとか、「コカコーラ」「味の素の餃子」などといった、全国規模で展開している商品のブランドだ。テレビで...

ナショナルブランド、プライベートブランド

 

人気商品の代替品なら、宣伝は要らない

1960年頃から世の中に出始めたプライベートブランド。プライベートブランドとは、小売店が独自に開発して、自社店舗で販売している商品のブランドのことだ。たとえば1960年代に、日の出の勢いで出店攻勢をかけていたスーパーのダイエーでは、キャプテンクックというブランドを作り、自社企画製品を製造販売していた...

人気商品の代替品なら、宣伝は要らない

 

コーペラティブ・チェーン・ブランドとは

スーパーには独自で開発したプライベートブランドがある。プライベートブランドというのは、メーカーの生産ラインの合間を利用して、安く作った商品ってことだ。全国規模のスーパーやコンビニには、独自のプライベートブランドがあって、イオン系なら「トップバリュ」とか、ヨーカドー系なら「セブンプレミアム」などのブラ...

コーペラティブ・チェーン・ブランドとは

 

「わけあって安い」 無印良品の登場

日本の大手スーパーチェーンが、プライベートブランドを始めたのは、1960年代から70年代だ。さらに力を入れ始めたのは、1980年代かららしい。たとえば売上高1兆円を達成した、最大手スーパーのダイエーは、乱立していたプライベートブランドを改め、「セービング」に統一して、プライベートブランドを確立しよう...

「わけあって安い」 無印良品の登場

 

おでんが8月からコンビニに並ぶ理由

流通業界には、色々不思議なことがある。たとえば8月のお盆を過ぎると、コンビニに、おでんが並び始める。夏真っ盛りの暑い時期に、なんで冬の食べ物である「おでん」が並ぶのか。これは誰しも不思議に感じる陳列だろう。スポーツクラブなどの会員制ビジネスなら、施設や準備が整う前、オープンの3ヶ月前からオープンを告...

おでんが8月からコンビニに並ぶ理由

 

野菜工場直送の工場野菜が売れはじめた理由

近年、スーパーの野菜売り場で変化が起こっている。というのも工場で作られた野菜に、人気が出てきたのだ。以前は露地物の野菜が人気だった。九州や北海道などの野菜の大生産地で、豊かな大地で育った国産野菜が、長らくイチバン人気を誇っていた。そのため、中国などからの輸入野菜の5割以上高い値段でも、国産野菜はしっ...

野菜工場直送の工場野菜が売れはじめた理由