おでんが8月からコンビニに並ぶ理由

おでんが8月からコンビニに並ぶ理由

コンビニに、残暑の8月からおでんが並ぶわけ

流通業界には、色々不思議なことがある。

 

たとえば8月のお盆を過ぎると、コンビニに、おでんが並び始める。

 

夏真っ盛りの暑い時期に、なんで冬の食べ物である「おでん」が並ぶのか。

 

これは誰しも不思議に感じる陳列だろう。

 

スポーツクラブなどの会員制ビジネスなら、施設や準備が整う前、オープンの3ヶ月前からオープンを告知して、会員を募集したりするから、おでんの陳列も多少早めということなのか?

 

それにしても様子がおかしい。

 

というのも、おでんというのは、煮込んでしまうともう、足が速い。

 

加工すると商品としてどんどん劣化していくので、売れ残りは廃棄になってしまう。

 

販促費としておでんの廃棄を計上するなんて、かなり無駄な話だ。

 

ところが実は、(コンビニで)おでんが一番売れるのは、9月なのだという。

 

冬の食べ物が売れ始めるのは、気温が急に下がって寒さを感じる時期らしく、お盆が過ぎて厳しい残暑が緩み出すと、急におでんが売れ始めるらしい。

 

人間の身体というのは、意外に敏感にできていて、気温がまだまだ高い9月でも、気温が下がっていくことを感知するらしい。

 

そして夏向きの身体は、骨盤が開いて熱を逃がしやすい状態なので、気温の変化によってより寒さを感じると言うことらしい。

 

冬になると、骨盤や身体は熱を逃がさないような冬支度ができているため、多少気温が下がってもどうって事は無いのだが、残暑の頃は、夏支度の状態で放熱しやすく、寒さを感じやすいのだ。

 

そういうわけで、コンビニには、8月のお盆が過ぎた頃から、おでんなどの温かい食べ物が並ぶと言うことらしい。


スポンサードリンク

ウエザーマーチャンダイジング

ウエザーマーチャンダイジングとは、季節に応じた商売・商品揃えのことだ。

 

気温や気温の変化によって、人の欲しくなるモノは違う。

 

たとえば暑くなればアイスクリームが売れるが、さらに暑くなるとアイスクリームは売れなくなる。

 

これはアイスクリームに含まれる乳脂肪分が、逆にくどく感じるようになるからだ。

 

代わりに、かき氷やり、アイスキャンデーが売れるようになる。


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加