白色レグホン 卵の色は原産地で決まる

白色レグホン 卵の色は原産地で決まる

採卵鶏(レイヤー) 白色レグホン

採卵用の鶏は「レイヤー」と呼ばれる。

 

レイヤーは肉用鶏のブロイラーの対語で、「採卵用の鶏」と言うような意味だ。

 

レイヤーで最も有名なのが「白色レグホン」だ。

 

白色レグホンは、真っ白な羽と、真っ赤なトサカでをもつが、痩せていて肉用には向かない。

 

しかし年間300コ近くの卵を産むため、採卵用の品種として重宝されている。

 

鶏肉生産に使われる品種(ブロイラー)は、白色コーニッシュのオス鶏と、白色プリマスロックのメス鶏を掛け合わせて作った交雑種だが、白色レグホンは単一品種だ。

 

ただし「ロードホーン」と呼ばれる、交雑種も採卵養鶏に使われる。

 

ロードホーンというのは、白色レグホンとロードアイランドレッドの交雑種(一代雑種)で、薄赤色〜ピンク色の卵を産む。

 

鶏の卵と言えば、白い卵や茶色い卵など、いろんな色の卵があるのだけれど、卵の殻の色は鶏の原産地によって決まるらしい。

 

大まかに言って、

  • 地中海周辺が原産の鶏は、白い卵
  • それ以外が原産の鶏は、色つきの卵
だという。

 

白色レグホンはイタリア原産だが、ロードアイランドレッドは米国原産なので、交雑種の卵は薄赤ピンク色の殻になるらしい。

 



卵の殻の色は、特に意味は無い

スーパーなどで売っている鶏卵には、白い殻の卵と、茶色い殻の卵がある。

 

日本では白い殻の卵が一般的だが、これは採卵用に飼われている鶏の約80%が白色レグホンだからである。

 

卵の殻の色は、鶏の羽の色や耳たぶの色と同じだと主張する人もいるようだが、それは間違った情報だ。

 

たとえばかつて採卵鶏の品種だった黒色ミノルカ種は真っ黒の羽を持つ。

 

しかし黒色ミノルカ種が産むのは真っ白の卵だ。

 

黒色ミノルカ種は、スペイン原産で、地中海周辺原産の鶏なのだ。

 

またアローカナという品種は、茶色と黒の羽根を持つが、産む卵の殻色は薄い青色だ。

 

アローカナ種は、南米チリ原産の鶏なので、もしかするとこの周辺の鶏の卵は、みな青っぽいのかも知れない。

 

大雑把に言うと、地中海周辺が原産地である鶏は、白い卵を産み、その他の鶏は、有色卵を産むらしい。

 

因みに、卵の殻の色と、栄養価値は特に関係が無い

 

日本では、赤玉は少数派なので、何か価値がありそうに見えたりするが、品種が違うので、風味が多少違うだけだ。

 

また卵の卵黄の色も、さほど意味は無い

 

卵の栄養価や卵黄の色は、与えるエサによって、ある程度は変えられるので、腐ったりしていなければ、大同小異だ。

 


スポンサードリンク

身体の悩み 教材人気ランキング 

★第1位★視力回復★たったの13分でよくなる視力回復法自宅トレーニングセット/メールサポート付

★第2位★障害★知識があれば軽くできる!大人のアスペルガーADHD改善マニュアル

★第3位★腰痛★「福辻式」で腰痛軽減!腰痛改善ストレッチ

★第4位★女性薄毛★サイエ式女性の育毛発毛プログラム

★第5位★1日30分、薬に頼らず改善自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

★第6位★【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム

美容・バストアップ 人気プログラム

★第1位★バストアップ★最新版!皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修ヒラクアップ

★第2位★バストアップ★自宅で出来る体型別/コース別バストアップ法「Hurry UP!!」

★第3位★【殿堂入り】日本一売れたバストアップDVD、大澤美樹片手間バストアップ

★第4位★二重まぶた★女性も男性も1日10分!イケてる自然な二重まぶた法

★第5位★小顔★男も女も瞬間!!鼻が高くなる&小顔に輪郭小顔矯正法

脚やせ・ダイエット 人気プログラム

★第1位★脚やせ★1日2分!読者モデルもマイナス5cm、大澤美樹のスリムレッグラボ

★第2位★エステ顔負けの全身「美」痩せ術!大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット

★第3位★男には男のダイエット日本人男性専用トレーニング

★第3位★若返り★1日3秒で20歳若返るスローストレッチダウンエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加