チェッカーとキャッシュレジスタの歴史

チェッカーとキャッシュレジスタの歴史

キャッシュレジスターの歴史

スーパーでチェッカーと言えば、レジ係のことだ。

 

レジでカゴに入った商品のバーコードをスキャンして、お金を受け取り、釣銭を渡す。

 

これがチェッカーの仕事だ。

 

今時は、高校を卒業した人なら、誰でもできるような「簡単な仕事」で、愛想が重要な感じになってきている。

 

しかし数十年前は、バーコードもなく、レジも手打ちで金額を打ち込んでいた。

 

40年前には電卓もまだ無く、機械式のレジが使われていた。

 

機械式のレジというのは、各ケタごとに9から0までの数字が縦方向に10コ並んでいて、それを押したあと、ハンドルを回して計算した。

 

たとえば985円ならば、百の位の900のボタンを押して、十の位の80のボタンを押して、一の位の5のボタンを押して、最後にハンドルを一回転すると、合計金額が機械的に変わる仕組みだった。

 

機械式なので、一々ガチャガチャ音がしたし、ハンドルがなくなって電動式になっても、基本的には同じでうるさかった。

 

電子回路で計算などを行う電子式キャッシュレジスターが登場したのは、1971年のことで、アメリカのNCR社製だった。

 

これは今で言う電卓のようなモノだが、値札を見て金額を打ち込むのは同じだった。

 

そのため、レジ係も修練が必要で、値札を一々読み上げながら、金額を打ち込んでいた。

 


スポンサードリンク

電子式レジと、バーコード

キャッシュレジスター(レジ)が、電子式になったのは、意外にも1970年代になってからだ。

 

というのも今のように、ICやLSIといった、半導体集積回路部品は、70年代になってようやく実用化され、電子計算機が使われ始めたからだ。

 

そしてICやLSIといった電子部品が、安価に大量生産出来るようになり、レジもマイコン制御の電子式になった。

 

一方、1960年代後半から、値札を読み取る光学認識システム(OCR)の開発が始まり、1978年には、日本でも商品JANコード(バーコード)が制定された。

 

これによって、メーカー品には必ず商品バーコードが付くようになり、スキャナでバーコードを読みとれば、商品名と価格が自動的にレジに打ち込まれるようになった。

 

1984年には、セブンイレブンなどで、POSレジが導入され始め、1990年代には、殆どのスーパーに、スキャナー式のレジが導入された。

 

これによってチェッカーさんも商品の値段を読み上げ、何千回・何万回とレジのボタンを押すという重労働から解放された。

 

商品に値札を貼るという作業も大幅に減り、品だし陳列も簡単になった。

 

現在は、お札も硬貨も自動で扱えるグローリーやNECや東芝テックの「自動釣銭機」を導入しているスーパーも増え、レジ係がいない無人レジも登場した。

 


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加