グルコシルセラミド

みそ汁が、見直されている。

 

みそには様々な健康効果があって、近年さらに様々な事が分かって来た。

 

特に注目されるのが「美肌効果」。

 

みそには、グルコシルセラミドという成分が含まれており、これが肌の保水力を上げてくれるらしい。

 

とあるテレビ番組での実験では、みそ汁を毎日2杯飲むようにした女性の肌のきめが整い、保湿力も1.4倍になって正常化したらしい。

 

グルコシルセラミドは、米やトウモロコシ由来、こんにゃく由来、大豆やビート由来、コムギ由来、まいたけ由来など、様々な素材があるのだが、いずれも肌の保湿力を上げ、アトピー性皮膚炎などの緩和に役立つんだとか。

 

大豆はもともとグルコシルセラミドを含んでいるのだが、みその発酵の過程でグルコシルセラミドが増えるらしい。

 

このグルコシルセラミドが、肌の保湿力を高める。

 

セラミドというのは、簡単に言うとヒトの細胞膜の成分で油の一種なんだけど、これが皮膚の表皮にキッチリ詰まって整っていると、皮膚から水分が蒸発するのを防いでくれる。

 

しかし皮膚のセラミドは、アカとなって肌からドンドン剥がれて行く。

 

またセラミドは油だから、長湯するとお湯に溶けて流れ出てしまう。

 

そのため、常に新しいセラミドが作られる必要があるのだが、みそ汁を毎日2杯飲むことで、セラミドの生成が上手く行くという事らしい。


 

みそには、メラノイジンという強力な抗酸化成分も含まれており、紫外線や放射線の害も軽減してくれるらしい。

 

抗酸化力によって、抗腫瘍作用も期待出来るらしい。

 

みその健康効果を期待するには?

 

しかし毎日、みそを摂るのは難しい。

 

みそラーメンだとか、みそ田楽とかいった料理しか思い浮かばない。

 

となると、みそ汁が一番てっとりばやい。

 

みそ汁なら、具はワカメだけでも十分だし、豆腐があればさらにタンパク質も摂れる良い一品になる。

 

豆腐は実はかなり良いタンパク質源で、1丁の豆腐(およそ300グラム)に、タンパク質が15グラム前後含まれている。

 

毎食、30グラムのタンパク質を取るのは、なかなか難しいのだが、豆腐半丁で7グラムくらい確保できるし。

 

またインスタントみそ汁でも健康効果が期待出来るらしいので、みそ汁は毎日食べるべきだろう。

 

みその色々

みそというと、京都の白みそ、愛知の八丁みそ、仙台みそなど、様々な種類がありますが、ちょっと分かりにくい。

 

なので材料別にまとめてみると、こんな感じになる。

 

米みそ

大豆に米麹(米+米麹)を加えてつくったみそ。流通量の八割が米みそ。

麦みそ

大豆に麦麹(大麦や裸麦+麹菌)を加えてつくったみそ。九州や瀬戸内みそが有名。
大麦由来のベータグルカンに整腸作用など、様々な健康効果があるとされる。

豆みそ

大豆のみを原料としたみそで、愛知や中京地方の八丁みそが代表的。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加