バターの賞味期限は、2週間

バターも、扱いを覚えておくべき食品だ。

 

近年、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸が身体に悪いことが分かり、トランス脂肪酸があまり含まれていないバターの人気が高まっている。

 

が、バターもマーガリンも、油であることは同じだ。

 

同じ油である以上、空気や紫外線によって、酸化して傷む。

 

そのため、すぐに使わない分は、出来るだけ空気に触れないようにして、冷蔵庫や冷凍庫で保存しないといけない。

 

バターは硬いので、常温保存しておきたいところだが、常温だと溶けすぎて酸化が進む。

 

固形だと外側だけしか空気に触れないので、表面だけ酸化する。

 

しかしバターが溶けて液体化すると、酸素に触れやすくなって酸化が進むし、油分と他の成分が分離するので、風味も飛ぶし傷みやすくなる。

 

またバターナイフもキレイにしておかないと、パンくずがバターの容器に入って、カビの原因になったりする。


 

バターの保存方法とは

バターの賞味期限は、開封してからおよそ二週間で、開封後は冷凍庫に入れても同じだと言う。

 

バターは、未開封だと半年くらい持つが、開封すると風味が飛ぶと、空気に触れると酸化が始まる。

 

バターは、2〜3日で使う分くらいに小分けしてラップに包み、冷凍庫に入れておくのが良い。

 

冷凍庫に入れる理由は「バターは臭いが移りやすいから」で、冷蔵室だと冷蔵庫にある食品の臭いが付いてしまうからだ。

 

バターを放置すると、より黄色くなるが、これは水分が抜けて濃くなったせい。

 

因みに、酸化した油は身体に良くないことが分かっているので、最悪でも、開封後1ヶ月以内に消費すべきだろう。

バターの取り扱い方 まとめ
  • バターの賞味期限は、開封後、およそ2週間。
  • バターは酸化しやすいので、小分けにして、空気に触れないようにラップに包んで保存。
  • バターは臭いを吸着しやすいので、冷蔵室より冷凍庫で保存。

 

お得だからと言って、ドデカいバターを通販でまとめ買いするのもダメっぽいね。

 

それなら通常サイズのバターを買って、冷凍庫で保存した方が良いかも。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加