スーパー用語 定番、エンド、ゴンドラ

スーパー用語 定番、エンド、ゴンドラ

定番商品、特売商品、エンド商品

スーパーで働いていると、普段聴いたことがないスーパー用語が飛び交う。

 

たとえば「エンド」。

 

エンドというのは、商品棚の端にある向きが90度変わっている陳列棚のことだ。

 

たとえばラグビーやアメフトのコートで、ゴールポストがある部分を、「エンド・ゾーン」と言うが、ああいう位置だ。

 

エンドの棚では、季節商品や、オススメ商品などを並べて訴求力を高める

 

たとえば夏が近づくと、エンドでは、素麺やめんつゆなどを並べ始める。

 

秋冬になると、シチューやカレー、鍋物用の商品などを並べる。

 

季節商品の他にも、新商品を並べる場合もある。

 

因みに、一般の棚に並べる商品は、「定番商品(ていばん)」といい、安売りをする商品を「特売」という。

 

特売ではないエンドに並べる商品は、「エンド商品」と呼ぶ場合もある。

 

定番商品必ず仕入れて並べておく商品。

 

棚に必ず置く場所がある

特売商品安売りをするために大量に仕入れる商品。

 

大量に仕入れて、エンドやゴンドラで展開して売る。

 

3日間くらい。

 

エンド商品エンドに展開する商品。

 

季節商品や新商品などが多い。

 

定番商品よりたくさん仕入れる。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加