栄養抜群の鶏卵を毎日欠かさず摂るには?

更新日:

鶏卵は、1個につき6グラムもタンパク質が摂れる、お手軽食品だ。

 

タンパク質6グラムと、脂質6グラムが摂れるだけでなく、ビタミンAやビタミンD、ビタミンBも多い。

 

鉄分や亜鉛分も多く、卵を10個も食べると、1日分の栄養素のほとんどが摂れてしまう計算になる。

 

しかも炭水化物はほとんど含まれていないから、糖質制限が必要な人にも良い。

 

鶏卵に含まれていないものとしては、ビタミンCや食物繊維などがあるが、それを除けばほぼ完全食品だと考えることも出来る。


 

鶏卵には、ヒヨコ1匹分の栄養素が詰まっている。

一時期、鶏卵にはコレステロールが多いので、食べるのは一日2個以下にすべきという情報も出回っていた。

 

日本人は卵が大好きで、一日2個以上食べるヒトもたくさんいる。

 

しかし高コレステロールが国民病になって居ないわけだから、なんか変な情報だ。

 

案の定、その後の研究で、食事から摂るコレステロール量と体内のコレステロール量には、ほとんど相関性がないことが示されるようになってきた。

 

つまり、卵をたくさん食べたからと言って、コレステロール値が上昇するわけではないって事だ。

 

一方、一日3個以上の卵を食べることを勧める離島のお医者さんもいる(MEC食)。

 

歳をとってヒザが痛い人は、卵を毎日3個以上食べれば良いとの仰せだ。

 

鶏卵には、一匹のヒヨコが丸々できる分の材料となる栄養素が含まれており、ヒヨコのフサフサの毛になる成分や、軟骨の成分もしっかり詰まっているという考えのようだ。

 

そんな希有な食品の鶏卵だが、毎日たくさん食べるのは難しい。

 

そこで重宝するのが「ゆで卵」だ。

 

ゆで卵を作っておいて、毎食1-2個ずつ食べれば、足りない栄養素をしっかり補ってくれる。

 

でも、ゆで卵って、作るのが結構面倒だったりするんだよねえ。

 

 

フライパンで、ゆで卵を簡単に作る方法

ゆで卵を作る便利な方法として、フライパンで作る方法がある。

 

近年は、電子レンジで作れる「ゆで卵器」も色々出ているのだが、結構、出来不出来が激しかったりする。

 

特に半熟卵や、ちょっと緩めの卵などを作るには、条件を揃えるのが難しい。

 

ところがフライパンで蒸して作ると、予熱で蒸す時間で卵の固さを調整できるのだ。

 

ということで、フライパンで蒸しゆで卵を作る方法を紹介する。

 

フライパンゆで卵 作り方その1

フライパンに鶏卵を並べる
フライパンに水を1センチの深さくらい入れて、鶏卵を並べる。
イメージとしては、指の第1関節くらいの深さ。
鶏卵はギュウギュウ詰めでなければ、たくさん入れても良い。

 

 

フライパンゆで卵 作り方その2 5分加熱する

フライパンにフタをして、ゆで卵を作る
卵を入れたフライパンを火にかけて、フタをする。
水が沸騰したら、沸騰を維持するくらいまで火を弱める。
沸騰状態を5分維持する。
キッチンタイマーや、スマホのタイマーを使って、キッチリ5分間、加熱する。

 

フライパンゆで卵 作り方その3 5分間蒸す

フライパンにフタをして5分間沸騰させたら、火を止めてそのまま蒸らす。
この蒸らし時間で、ゆで卵のゆで加減を調整することが出来る。

 

固ゆでにするには、10分間程度、蒸らせば良い。
半熟にするには、3分から5分程度蒸らすと良い。

 

ズッシリ重い鉄のフライパンと、軽いステンレスのフライパンでは、保温力が違うので、色々試してみると良い。

 

3分蒸したところで1個取り出して割ってみたり、5分蒸したところで1個取り出して割ってみると、比べることが出来る。

 

フライパンゆで卵 作り方その4

ゆで卵を冷やす
フライパンから卵を取り出して、冷水に入れて冷やす。

 

高温から冷水に急速に冷やすことで、殻にヒビが入りやすくなる、殻がむきやすくなる
ここで殻を叩いてヒビを入れても良いし、最初にピンなどで殻に穴を開けて置いても良い。

 

できあがり!

ゆで卵 できあがり

 

ゆで卵の殻がむきにくい理由

ゆで卵の殻がむきにくい時と、むきやすい時がある。

 

ピンなどで卵の殻に穴を開けておいてから茹でても、やはり上手く剥けなかったりする。

 

これは一体何が違うのか。

 

殻がむきやすい時には、殻と卵の薄皮がひっついていて、スルッと剥ける。

 

一方、殻がむきにくい時は、殻に卵の白身部分が貼り付いて、殻と一緒にはがれる。

 

殻と薄皮は、どちらもしっかり貼り付いている状態だ。

 

つまり薄皮と白身部分に隙間が出来ればむきやすくなり、薄皮と白身部分に隙間がないと、むきにくいと言うことになる。

 

この原因として挙げられているのが、ペーハー(pH)と炭酸ガスだ。

 

卵は時間が経つにつれて、pHが少しずつ上がっていく。

 

pHが上がると言うことは、アルカリ度が増していくわけで、それに従って薄皮と白身部分の結合力が弱まっていく。

 

また茹でている間に、卵白に含まれる炭酸ガスが膨張して、白身と殻がくっついてしまうせいだという説もある。

 

そのため、茹でる前に卵の殻をちょっと叩いてヒビを入れ、炭酸ガスを逃がせばよいということが書いてあったりする。

 

ただやっぱりこれでも、むきにくい時があるんだよねえ。

 

卵がむきにくい時は、まな板などの上で転がしてみるとか、とがった方に穴を開けて、そこに息を思いっ切り吹き込むとか、色んな方法があるので、色々試してみると良い。

 

どの方法を使うにしても、薄皮と白身の間に空気を入れれば良いわけで、いろいろやってみるしかないかな。

 

 

 

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


売れてます

糖質制限メニューを宅配で
nosh-ナッシュ
生協の宅配 ぱるシステム
食材宅配
目的別宅配メニュー
ウェルネスダイニング 心疾患リスク検査キット エラスチン